アニメ

【number24 #第1話】ネタバレ感想!いきなり主人公死亡フラグ?!イケメンだらけの青春ラグビーアニメ!

こんにちは、りぃです♩

イケメン大学生たちがラグビーを通して友情と絆を深める青春ラグビーアニメ(主観です)、『number24』の放送が始まりました!!

とっても魅力的でイケメンなキャラクターたちがたくさんいて、1話から究極の目の保養でした。

今期一番のイケメン渋滞アニメではないでしょうか(笑)

とにかく最高です…!!

まだ観てない!という方は、是非これからアニメをチェックしてみてください★

では、気になる第1話の内容をまとめていきます。(以下、ネタバレです。)

number24 第1話ネタバレ

主人公の柚木夏紗(ゆずきなつさ)は関西の同紫社大学のラグビー部員。

ラグビーの才能や実力があり、ラグビー界の中でも有名な選手だった。

しかし、バイクでの不慮の事故が原因で重度のヘルニアになり、ラグビーができない体になってしまう。

半年間の入院生活を経て同紫社大学に留年で復学、そしてマネージャー兼トレーナーとしてラグビー部に復帰することとなった。

慣れないマネージャー業務に悪戦苦闘しながらも、大好きなラグビーと関わるために努力を続ける夏紗。

そんな夏紗の姿をよく思わない後輩たちが「大活躍してた憧れの先輩がマネージャーをやるなんて気まずいし、ちょっと失望する」といったような会話をしているのを聞いた夏紗は、人知れず心に悔しさをにじませる。

あるとき、練習中に倒れた後輩、真白優(ましろゆう)を病院に連れて行った夏紗。

優は九州出身で、大分県での夏紗の高校時代の活躍を見て憧れを抱き、夏紗たちとラグビーをするため同紫社大学に入学した一回生だった。

しかし、優は体も小さく、もともと強豪校出身でもなかったため、同紫社大学ラグビー部の練習について行けずにストレスで胃潰瘍になっていた。

夏紗は落ち込む優にラグビーは好きかと問いかける。

今はわからない、と涙を滲ませながら答えた優に、夏紗は「僕はラグビー好きだよ。僕がマネージャーになったことをよく思わない人たちがいても、自分のことよりラグビーの方が大切だから、かっこ悪くラグビーにしがみつく自分をかっこいいと思うんだ。」と語りかける。

夏紗の想いを聞いた優は、もう一度聞かれたラグビーは好きかという問いに、「ラグビーが大好きです…!」と強く答えていた。

翌日、夏紗と同じくマネージャーに転向した優は、持ち前の頭の良さや気遣える性格を活かしてイキイキと部活動に励むようになった。

一方、夏紗と一緒に事故にあいラグビー部を辞めた上丘伊吹(うえおかいぶき)は心のどこかにラグビーに対する未練がある様子で…?

第1話放送後のツイッターでの反響

https://twitter.com/sano_reina04/status/1215111906672832512?s=21
https://twitter.com/kanikama9696/status/1215104444020355072?s=21