アニメ

【ダイの大冒険】新作アニメネタバレ情報!放送日と気になるアニメの内容は・・・??

こんにちは、りぃです^^

「週刊少年ジャンプ」で連載していた大人気の漫画、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」が、なんと2020年秋に〈完全新作アニメ〉として放送されることが発表されました!

1992年9月のテレビアニメ放送以来、約28年ぶりのアニメ化ということで、日本中から期待の声が上がっています!!

「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」とは?

まず、「ダイの大冒険」って何?という方のために、概要とあらすじを掲載させていただきますね。

エニックスの人気RPGドラゴンクエストシリーズ』の世界観・設定を元にした漫画作品。ストーリー自体は本作オリジナルであり、ゲーム作品との接点はない。
ドラゴンクエストシリーズを常にバックアップしていた『週刊少年ジャンプ』は、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』から2年越しの新作『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』のために、誌面でのバックアップを中心としたアニメ・漫画などのメディアミックスを企画した。堀井雄二と鳥山明がテレビアニメ(勇者アベル伝説)を担当し、新人の稲田浩司とライターだった三条陸が漫画担当に起用された。その際「ゲームと同じ内容ではつまらない」という監修・堀井の意見を受け、オリジナルの読み切り漫画『デルパ! イルイル!』が同誌に掲載される。この作品は低年齢層からの高い支持と、企画漫画では考えられないほどの高アンケート順位を獲得し、連載がすぐ決まった。読み切り2作目の『ダイ爆発!!!』は、連載を前提とした伏線を盛り込んで作られている。
1989年から1996年までの間の7年間に渡り、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』として『週刊少年ジャンプ』にて連載された(読切や番外編を除いて全343話)。単行本は全37巻。2003年から2004年にかけて文庫化(全22巻)。2005年にドラゴンクエスト30周年記念として集英社ジャンプRemix(コンビニコミック)版が発売(全15巻)。また、作品解説書『JUMP COMICS PERFECT BOOK 1』も1995年に刊行。アニメ化(テレビシリーズ、および劇場版作品3本)もされた。 コミックスの累計発行部数は4700万部。
日本国外でもアニメが放送され、コミックスが発売されている。フランススペインなどでも放送・発売されているが、主人公ダイの名前が、単語のDie(=死)を連想させ縁起が悪いという理由から「Fly」に変更されている。雑誌に連載されたり、コミックスが発売されているのは、タイ香港台湾韓国マレーシア・スペインなど。
『ドラゴンクエストシリーズ』のゲームで登場する呪文のほか、ゲームに登場しないオリジナルの技や呪文も登場し、その中には「メドローア」など後のゲーム作品で採用されたものも存在する(呪文・技の項を参照)。
2016年12月14日に『星のドラゴンクエスト』とのコラボ企画開催が決定し、連載終了から約20年を経て実施されている。2017年3月31日には『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』とコラボ。続いて4月5日に『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル』とコラボした。
2019年12月21日に『ジャンプフェスタ2020』にて、東映アニメーションの制作で2020年秋に2度目のアニメ化を行うことが発表された。また同時進行で、スクウェア・エニックスの制作によるゲーム化プロジェクトも発表されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/DRAGON_QUEST_-ダイの大冒険-

「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」これまでのお話

魔王ハドラー率いる魔王軍と勇者率いる勇者パーティの戦いは、勇者パーティの勝利で終わり、魔王の配下であったモンスターも魔王の支配から解き放たれ、世界に平和が訪れた。
それから十数年後。モンスターが平和に暮らす怪物の島・デルムリン島で唯一の人間である少年ダイは、鬼面道士のブラスに育てられながら、ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを始めとする友達のモンスターたちと共に平和に暮らしながら、勇者になることを夢見ていた。
ある日、ゴメちゃん以外の島のモンスターたちが凶暴化。辛うじて理性を保っているブラスは魔王が復活したことを察する。そこに勇者の家庭教師を名乗る謎の人物アバンとその弟子の魔法使いポップが現れ、島をマホカトールで覆い、モンスターたちを魔王の支配から救った。魔王を倒し、平和を取り戻すべく、ダイはアバンの指導を受けて、秘められた力を開花させていく。
修行の最中、復活したハドラーが現れ、アバンがかつて魔王を倒した勇者であること、自身がハドラーを超える力を持つ大魔王バーンの力で蘇り、再び地上を制圧するために新たな魔王軍が編成されたことを語り、アバンとその弟子たちを倒そうとする。弟子たちを護るためにメガンテを使い、その命を散らすアバン。生き残ったハドラーとの戦いの最中、ダイは謎の紋章の力でパワーアップし、ハドラーを退ける。アバンの遺志を継いだダイは魔王軍を倒すべく、ポップやゴメちゃんと共にデルムリン島から旅立っていく。
デルムリン島から旅立ったダイ一行は同じアバンの弟子であるマァムが仲間に加わったことを皮切りに魔王軍幹部の獣王クロコダインと魔王軍幹部であると同時にアバンの一番弟子でもある魔剣戦士ヒュンケルも仲間となり、氷炎将軍フレイザードを撃破して、パプニカ王国を奪還。ダイと旧知の仲であるパプニカ王国王女レオナの救出にも成功した。
しかし、ダイは次第に自分自身の力が人間として、あまりに超絶したものであることによる他者からの視線に苦悩するようになる。そんなダイの前に魔王軍の幹部である竜騎将バランが現れ、ダイの正体が伝説の竜の騎士であること、さらには自らの息子であることを告げた。
自らの正体が人間でないこと、実の親が魔王軍の軍団長であるという事実を認めようとしないダイの記憶を消去し、赤子同然となったダイを連れ去ろうとするバランだが、阻止しようとするポップの決死のメガンテによって、ダイの記憶が戻り、親子の激闘の末にダイの奪還を断念したバランはポップの息を吹き返させた後、どこかに姿を消す。
軍団長4人を欠き、魔王軍の戦力は大きく低下したことから、世界各国の王が集まって、魔王軍への最終決戦の準備が進み出し、ダイ一行も魔界の名工ロン・ベルクによるダイの剣や大魔道師マトリフから継承されたメドローアなど、新たな力を得て力を蓄えていく。一方、ハドラーは打倒アバンの使途のために妖魔司教ザボエラの手で超魔生物となり、ハドラー親衛騎団も得る。
ダイ一行は魔王軍の本拠地である鬼岩城の破壊に成功するものの真の本拠地であるバーンパレスは魔宮の門によって硬く閉ざされ、立ち入ることが出来ずにいた。バランとの共闘により魔宮の門の破壊に成功した後、ハドラーと対峙するが、バランはハドラーの体内に黒の核晶(くろのコア)と呼ばれる爆弾が埋め込まれていることに気づく。バランは黒の核晶が起動する前にハドラーから引き抜こうとするが、魔影参謀ミストバーンによって、黒の核晶が起動してしまい、バランはダイたちを守るために全ての力を使って爆発を押さえ込んで命を落とす。さらにバーンとの直接対決において、ダイ一行は敗北してしまう。
辛うじて生き延びたダイ一行は、5人目のアバンの使途になったレオナを中心にミナカトールを発動し、バーンパレスの動きを抑えている間にバーンパレスに突入。ハドラーたちとの決着を付け、生きていたアバンも戦列復帰を果たす。
父・バランから受け継いだ力でダイはバーンを追い詰めるが、バーンはミストバーンに預けていた肉体を使って、真の姿となる。真の姿になった後のバーンは事前に世界の各地に投下していた複数の黒の核晶を使い、真の目的である「地上を消滅させ、魔界に太陽の光を降り注がせる」を成し遂げようとするが、神の涙であったゴメちゃんの力によって、世界中の人々が協力して、爆発は阻止された。
バーンを倒す最後の手段として、ダイは竜魔人となり、バーンも自らの鬼眼を解放し、鬼岩王と化す。宇宙空間で繰り広げられる激闘はダイの勝利で終わる。
地上に帰還したダイは仲間たちに迎えられ、勝利を喜びあう中、死んだはずの死神キルバーンが現れた。キルバーンの正体は、バーンのライバルである冥竜王ヴェルザーの部下であり、真のキルバーンである使い魔のピロロは表向きのキルバーンに搭載されている黒の核晶を起動させる。ピロロを倒し、ダイとポップは黒の核晶を空高く運んでいくが、ダイはポップを地上に戻し、黒の核晶の爆発に巻き込まれてしまう。
ダイの死に意気消沈するポップたちだが、ダイの剣の輝きが健在なことから、ダイは別の世界で生きていることが分かり、ダイが帰ってくるためにも地上の平和を守り抜くことを誓った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/DRAGON_QUEST_-ダイの大冒険-

完全新作アニメの内容について

さて、2020年秋に放送決定となった「ダイの大冒険」ですが、今回は〈完全新作〉ということで、その内容が気になりますよね。

内容はもちろん非公開情報ですが、漫画を担当した稲田浩司氏は「初めて”ダイの大冒険”を知ることになる方々、そして知っている方々にも、興味をもって観ていただける作品になってくれたらうれしい。」とコメントしており、

ドラクエシリーズの生みの親、堀井雄二氏も「ドラゴンクエストをコミック化するにあたり、世界観は同じにするが、ゲームとは違った物語にするというコンセプトで制作してきた作品なので、現在の最新の手法でどのようなアニメになるのか、期待感でいっぱい。」と話されているので、

おそらく、コミックの内容を元にアニメ化されるものとみられます^^

※ネタバレでコミックを読みたい!という方はこちらから閲覧できます。
電子書籍の本屋さん

気になる放送日は?

「ダイの大冒険」は2020年秋に放送といわれていることから、

2020年10月放送開始

と予想されます!!

これは10月までに続々と『内容・キャスト・OP・EDなど』の情報が発表されていくのが楽しみですねぇ~♩

ツイッターでの反応まとめ!

アニメ化発表の当日は、すごい勢いでツイッターのトレンド入りを果たしていました!

大盛り上がりのツイッターでの反応を一部まとめてみました^^

https://twitter.com/_y_kuroki_/status/1208424869936824320?s=20
https://twitter.com/morpi777/status/1208373390811095042?s=20

さいごに

いかがでしたか?

「28年前のアニメ放送を見ていた少年少女が、現在、アニメを制作する年代になった」というコメントがあるように、

今回の2020年の「ダイの大冒険」は幅広い世代が期待している作品であることは間違いありません!

最新技術で再現されるドラクエシリーズ「ダイの大冒険」、2020年のアニメ放送を楽しみにしましょう♪