ブログ

好きなことを記事にして最大限の収益を手に入れる方法!工夫次第で可能性は無限大!

こんにちは、りぃです^^

このブログでは、「あなたの書きたい内容ありきでブログで収益を得ること」を勧めています。

先日の記事で、「書きやすいカテゴリーを選ぶデメリット」についてお伝えしましたが、工夫次第で収益化する方法はいくらでも存在します。

逆に「商品紹介がしやすい」というところが「書きたいカテゴリーを選ぶことの最大のメリット」でもあるので、記事を書いたり商品を紹介したりする際に大切なポイントさえ押さえていれば、成果につながりやすいです。

今回は、その大切なポイントについてご説明していきますね^^

この記事のチェックポイント★

書きたいことを書きつつ、収益化の工夫をする

商品の紹介が苦手な人でもできる

記事を読む人の気持ちを想像する

書きたいカテゴリーで最大限の収益を得るためには?

ゆぅたん
ゆぅたん
書きたいカテゴリーがあんまり世の中に需要のないものだったら、なかなか稼げないかもって言ってなかったっけ?

りぃ
りぃ
そうだね。カテゴリーによって稼ぐ金額の振り幅はあるとはお話したけど、それでも収益を最大にしていく方法はあるんだ^^

書きたいカテゴリーで記事を書いても大きく稼げるとは限らないと前回お話ししましたが、収益化するための工夫は、どんなカテゴリーでも可能です。

例えば、ミュージカルについて書こうと思っても、ミュージカルの内容の広告は実はほとんど存在していません。

ですが、地道に書き続けることでアクセスは集まってくるようになります。

そうなれば、Google AdSense(グーグルアドセンス)という、自動で関連する広告を記事内に表示してくれる「クリック課金型広告」を貼ったり、

ミュージカル劇中歌のCDを記事で紹介し、Amazonや楽天市場の購入ページに飛ぶアフィリエイトリンクを貼ったりして、「アフィリエイト成果報酬」を得ることができます。

ミュージカル俳優を目指す人のためのお役立ち記事を書き、終わりに劇団や演劇学校の無料資料請求のアフィリエイト広告をさりげなく設置しておくのも効果があるかもしれませんね!

ゆぅたん
ゆぅたん
そっか!考え方次第で色々と収益につなげる方法はありそうだね!

Googleで自分の得意分野を検索してみて、上位表示されているブログを隅から隅まで読み込んでみることで、この人はどうやって「収益化しているのか」ヒントを見つけられるはずです。

そのヒントを自分のブログに活かしてみると案外スッと上手くいくものです。

商品の紹介が苦手な人でも大丈夫!

自分が書きたい内容に合わせて商品を紹介するメリットは、「商品の紹介が苦手な人でもやりやすい」ということです。

商品を紹介、と言われると、どうしても「売らないと!」と思ってしまい、「これはいい商品ですよ!」とか「おすすめです!」と書いてしまったりして、胡散臭い記事になってしまいます。

胡散臭い言葉で商品を売りつける人からは、商品を買おうとは思わないですよね。

売れる記事を書くためには、自然に誘導することがポイントです。

自然な誘導とは、書いた記事のテーマにあった商品を探してきて、それをさりげなく紹介することです。

りぃ
りぃ
例えば、新作映画についての記事に、原作となった漫画が読めるコミックサイトのアフィリエイト広告を貼っておくとかね!

もちろん、商品についてがっつり紹介する記事を書いてもいいと思いますが、それが苦手な人は「この記事を読む人の悩みや求めること」を考え、それを解決する商品を探してきて「こんなものもありますよ」と記事の最後でさりげなく紹介するとやりやすいですよ^^

読む人の気持ちを想像してみよう

記事の内容に合わせて商品を紹介する際の最も大切なポイントは、「読者の立場や考えを想像すること」です。

これができれば、読者の求めていることがわかり、ニーズにピッタリと合う商品を紹介できるようになります。

記事を完全な自分目線で書いていると、読者の求めるものから遠ざかってしまいますので、自分の考えを持ちつつ、読者目線や客観性をもって書くことが稼げるブログに成長することにつながるのです^^

まとめ

書きやすいカテゴリーや書きたい内容で稼ごうと思ったら、工夫次第で多くの収益源を作っていくことは可能です。

同じカテゴリーでも、切り口を変えたり読者の悩みを掘り下げてみることで、紹介できる商品は無限にあります!

少し時間ができたら、自分が書こうと思っているカテゴリーの上位ブログを読んでみて、稼げるヒントを見つけるという習慣もぜひつけてみてくださいね^^

次回は「ブログのペルソナ(読者像)を決める」ことについてお話していきます。

りぃ
りぃ
本日はここまで!それではまたお会いしましょう♪