2017年11月25日(土)・26日(日)に開催した【第3回生活と工芸展】第2会場の様子をご紹介します。

第1会場は、会州一蔵瑞祥館さんの会場をお借りして2回目の開催となりました。

出展内容は、会津地方各地で作品作りしている作り手さんが自ら展示販売してくださいました。
作品に込めた思いや魅力を直接対話することが出来、ワークショップも開催いたしました。

来場者アンケートから全体の感想として、

・それぞれに素晴らしい作品だった
・すべて手作りで可愛い作品から実用的なものもありとてもおかったです
・生活に根ざした工芸品に改めて驚きました
・皆さん手づくりのもので味のあるもので良い感じでした
・知らない素材がたくさんあり、とてもおもしろかったです
・手作りのあたたかみはもちろん、伝統技術をつないでいく想いが感じられた
・たくさん見させて頂きました。知らないことも知れてよかったです
・めずらしいもの、会津木綿のかわいい小物があり良かった
・おぜしかプロジェクトさんの貴重なお話を聞けてとても良かった、作品も素晴らしい
・会津木綿の作品はかわいくてとてもいい
・どの作品もとても素晴らしい
・色合いがすばらしい
・今までみたことのない作品を見せていただいて楽しかったです
・どれを見てもステキです
・会津木綿のいろんな使い方がおもしろかった
・それぞれ工夫があり、個性や地域性があって良かった
・個性がありあたたかい作品だった
・人のつながり(暖か)を改めて感じた
・建物の風情とマッチしていてよかったです
・どの作品も味があって素敵です
・お金が沢山あれば全~部買いたいです
・毎回新しく楽しませてもらっています
・いろいろな活動をしている人がいることがわかりました
・若い人向けの会津木綿を使った作品もありすてきだった
・昔からの手伝工芸に今の風が入って素敵な作品が多かった
・細かな作品がとてもすてきだった
・かわいいものがありました
・もう少し種類があったほうがいいかも
・手がこんでいてすばらしい
・みんな素敵でよかったです!
・南郷刺子がすごい
・手作りはすごい、会津を見直した
・思わず買ってしまった
・昭和村出身としてほこらしかった
・もっと多く見たい
・ショップがあればいいですね
・ぶないろくらぶの人の話が面白かった

など本当に多くのコメントいただきました。

アンケートをお寄せいただいた皆様、ありがとうございます。

ここからは、出展内容一つ一つをご紹介いたします。

 

きものべんりや としの坊 紫春館

A3パネル_2(としの坊紫春館)1校

会津木綿ハンチング、會津コットンスニーカーに加えて、今秋新登場した會津コットンダブルリングベルト。
いずれも会津木綿を日常のファッションとして気軽に取り入れられる様に…というコンセプトで生まれました。
特にスニーカーとベルトに関しては製造も会津とし、マテリアルから完成までオール會津としています。
当店で特に拘っているのが、素材に会津木綿を使用したから良し、というのではなく、その商品がオシャレかどうか。
生活スタイル意識の高い層、美意識の高い層に受け入れられる商品、というのを大前提に考えています。
商品がハイクオリティであるのは勿論、その上で会津木綿の特色である「縞」を美しく、いい意味で予想外にデザインに活かすように心がけています。

IMG_0740

着物に関する事は何でも御相談いただける呉服屋・着物セレクトショップとして2000年に創業したとしの坊さん。
今回は、会津木綿のハンチングやスニーカー、ベルトなどオシャレな作品を多数展示販売いただきました。

会津木綿のハンチングは、サイズ、デザイン共に豊富にあり、親子でお揃いのものを着用できます。

会津木綿をオシャレに着こなせるステキな作品です。

きものべんりや としの坊 紫春館
会津若松市中央1丁目3-18中央1丁目ビル2階
TEL:0242-22-9363

KAYOCO SASHiCO

A3パネル_2(KAYOCO SASHiCO)1校

布のぬくもり、糸のしなやかさ。会津の暮らしの中で昔から受け継がれてきた刺子。

その心と技を少しでも伝えたく、刺し子を続けてきました。

IMG_0772

写真は、作り手の佐原 加世子さんが1年ががりで制作した刺し子の袢纏です。

会津の刺し子

会津は、奥州越後などの山脈に囲まれた盆地。

阿賀野川の運搬か峠越えしか交通手段がなく、冬は深雪に閉ざされた。

その永い時が、身近な会津木綿の素材とする刺し子を生んだといえようか。

これらの袢纏は、村の普請や建前など、労働の安全を祈り、慰労の酒を酌み交わす折の祝着である。

作品の展示と共に、刺し子を伝えていくために精力的に活動されている佐原さんの情熱を感じました。

 

KAYOCO SASHiCO
会津若松市大町1-1-51
0242-27-1202

ぶないろくらぶ

A3パネル_2(ぶないろくらぶ)1校

3年前、只見町が「ブナと共生する町」としてユネスコエコパークの認定を受けたことをきっかけに、ブナを遠くに眺めるばかりでなく、もっと身近に触れられるもの、楽しめるものだったらいいなと、ブナの葉を使った染め物の技術を学び始め3年になりました。

今年もブナの葉を拾う時期がやってきました。1枚1枚手絞りで染色しました。模様の出方も1枚1枚違い、ブナの葉の採集時期、培洗剤によっても色合いが多様に変化します。命を育む只見の森からの贈り物、ブナの葉の優しい風合いをお楽しみください。

IMG_0744

ぶないろくらぶさんは3名で出展に来てくださり、とても仲が良く、楽しくされている印象でした。
3名とも只見町で仕事を持たれている中、ブナの葉の採集から染まですべて自分たちで行っているそうです。

染めた布の風合いからブナ林の恵みを感じ、普段使いできる作品が多くあります。
只見町のJR只見駅内の売店、ただみ・ブナと川のミュージアムなどで販売していて、町の「自然首都・只見 伝承産品」に認定されていいます。

是非足をお運びください!

 

ぶないろくらぶ
南会津郡只見町大字只見字沖1541-1
0241-82-2123

工房「風雲」

A3パネル_2(工房 風雲)1校

平成19年に編み組細工を独学で勉強、和太鼓皮で出来るようになり10年。

まだまだ工夫できそうな材料なので修行中です。

一貫張りは、昨年から制作を始めました。装飾文字は喜多方「楽篆工房」

故高橋政已先生の古代文字、この文字の良さを味わってください。

IMG_0745

 

昭和村で和太鼓のリメイクや一貫張りの制作をしている工房風雲さん。
自宅を改装するときに、からむしの紙がたくさんでてきて、それを一貫張りに使用してるそうです。
昭和村からからむしと一貫張りのコラボ作品。素敵です。

和太鼓の皮をリメイクした鞄は色合いに艶があり革製品なのでとても丈夫です。
チャックも付いておりおシャレに普段使いできます。

昭和村で教育委員を務めている作り手の五十嵐さんの説明はとても情熱的で作品作りをとても楽しく説明されていました。

奥会津を中心に各イベントで出展しております。

 

工房 風雲
大沼郡昭和村大芦中組1894-2

尾瀬鹿プロジェクト

A3パネル_2(おぜしかプロジェクト)1校

おぜしかプロジェクトは尾瀬の麓、桧枝岐村、南会津町を中心に駆除・捕獲された鹿の皮を革になめし、会津木綿やマタタビ、会津塗といった会津の伝統工芸とコラボした新しい会津の産品になるものを企画・製作しています。

いただいた命を無駄にすることなく、人の暮らしの中で活かしていくことで

いきものの命を考える、命を大切にすることを見直せたらと思います。

DSCN2553

IMG_0742

『有害鳥獣として排出される獣の命を少しでもムダにしたくない』。そんな想いから、尾瀬国立公園を抱える福島県・群馬県の女性猟師が立ち上げたプロジェクト。

今回は初日のみでしたが、多くの方の反響をいただきました。

通常、鹿肉は食用としても利用されることもありますが、鹿を大切な資源として命を活かし、地元の産業に結びつけていく取り組みをしたい。
そんな思いで立ち上がったプロジェクト。

鹿側と会津木綿がコラボしたばバウージュやがま口、鹿側の名刺入れなど素敵な作品が多数並びました。
これからも多くの作品作りを手掛けていくそうです。

お問合せはこちらから↓
尾瀬鹿プロジェクト

 

木工房MEGURO

A3パネル_2(木工房MEGURO)1校

「会津桐ガラガラ」

ありそうでなかった会津桐のガラガラです。中には奥会津の堅木が入っています。

是非、お手に取って鳴らしてみてください。木質同士がぶつかり合い、軽やかな音を奏でて心地よい時間を過ごせます。

DSC_0106

三島町出身の作り手目黒さんは、柳津町に店舗構えて、会津桐を加工した作品を多数制作しています。

赤べこをモチーフにした可愛い作品や、子供向けの玩具やアクセサリーなど作品のバリエーションが多数あります。
今回は展示のみでしたが、幼少の頃の通信簿やイラストなど収納できる「おもいでたからばこ」など、女性の視点だからこそ気づく魅力的な作品ばかりでした。

目黒さんにはワークショップも行っていただき、山ぶどうブレスレット作りや、桐とからむしのペンダントづくりが体験しました。

柳津町のアトリエはオープンして2周年。

是非足をお運びください!

 

木工房MEGURO
住所:福島県河沼郡柳津町大字飯谷字前林
営業日・時間:月・木・金・土 9時~16時
駐車場:1台(多くなる場合はお問い合わせください)

 

手作り工房あるぼる

A3パネル_2(手作り工房あるぼる)1校

小さな人形をみて、ふっと笑顔になれる、心が和む。

そんな存在になるように、丁寧に仕事を心がけて作品づくりをしています。

DSC_0114

金山町で人形作りをしているあるぼるさん。

今回で2回目の出展となりますが、毎回ファンの方が多くいらっしゃいます。

ワークショップも大盛況で、オリジナルの人形作りを楽しんでいる姿が続きました。

妖精の人形は一つ一つに表情があり神秘的です。

作り手の阿部さんのコメントにあるように、見ていて、ふっと笑顔になれる作品ばかりでした。

今回は、リンゴの小人やキノコの小人などもあり、可愛らしさがテーブルいっぱいに広がりました。

 

手作り工房あるぼる
インスタグラムで作品を紹介しているページがありましたのでご紹介いたします。

 

ARIKAdesign

A3パネル_2(ARIKAdesign)1校

着る人の心地よさを心がけ、綿や麻・絹など天然素材を中心としたゆったりシルエットの服や小物を一点もので手作りをしています。

会津もめんや着物生地・藍染めや柿渋染めなど、貴方の暮らしに彩を与えられたら嬉しいです。

春夏物を中心に製作しております。

夏の展示会にもぜひお越しください。

DSCN2564

日常をちょっぴりワクワク過ごしたい。
そんなコンセプトを掲げ作品作りをしているARIKAdesignさん。

今回も会津木綿を使った素敵な作品が多数揃いました。
会津もめんや着物生地・藍染めや柿渋染めなど、彩も鮮やかで、女性の来場者が手に取り着丈を合わせている姿がとても楽しそうでした。

会津木綿が洋服やアクセサリーとして作られオシャレに着回しができるって素敵ですね!
これからも素敵な作品をどんどん作ってくださることを期待しています!

ARIKAdesignさんは各種イベントに出展しておりますので、イベント情報を要チェックしてみてください!

 

ハンサムウーマンブランド

A3パネル_2(会津地域連携センター)1校

ハンサムウーマンは、伝統を重んじながらも未来へ向かって挑戦する会津女性の凛とした生き方を表現したブランドです。

このブランドを通して、多くの方に会津の良さを実感して頂きたいと思っています。

IMG_0743

ハンサムウーマンブランドを手掛けるNPO法人 会津地域連携センター様。

ハンサムウーマンブランドは、伝統に重んじながらも固執することなく、未来へ向かって挑戦する、凛とした会津女性の生き方を表現したものです。

コンセプトにもとづいた商品や「会津のいいもの」として新しい開発をした独自性・主体性が高い商品をハンサムウーマンブランド商品として認定しています。

今回は、会津木綿のペンケースやカードケース。会津絵ろうそくや会津塗りのマイ箸セットなどの作品が並びました。

 

ハンサムウーマン
お問い合わせ:NPO法人会津地域連携センター
会津若松市馬場町1-20 ヤマトメビル2F
TEL:0242-22-3633

 

長嶺 恵美

A3パネル_2(長嶺 恵美)1校

会津木綿は、とても魅力のある会津の伝統工芸品です。

その魅力を、たくさんの方々に知って頂きたく、日々作品作りに励んでおります。私の作品を通して、会津木綿の良さを毎日の生活の中で感じて頂けると嬉しいです。

IMG_0741

今回の出展者の中で、出展品目が一番多く、来場者アンケートでも一番人気だったのが長嶺 恵美さん。
会津木綿を使用したアクセサリーから婦人服まで多くの作品が会場に並びました。
作り手の長嶺さんは、ご自宅でお子さんの世話をしながら作品作りをされているそうです。

日頃欠かせない生活布として人々に親しまれてきた会津木綿に魅了され、普段使い出来ることをコンセプトに作品作りされています。
作品一つ一つに思いが込められており、来場者の皆さんと作品について会話が途切れることがありませんでした。

長嶺さんも今後各種イベントに出展しますのでイベント情報をチェックしてみてくださいね!

 

インスタグラムで作品紹介しています!

Emi Nagamine

 

 

いかがでしたでしょうか?

作り手さんの思いのこもった情熱にあふれる作品の数々。

以上、110点以上の工芸品を展示、販売させていただきました。

第2会場のアンケートで次回みたい作品として、

・木工房や粘土で作る人形
・ぶないろくらぶ、風雲
・うつわと会津木綿のコラボ作品
・ぶないろくらぶの小物
・ビーヅ
・カスミソウ

などの意見をいただきました。

おかげさまをもちまして、両会場で八百名の来場があり、会津地方の優れた工芸品と作り手の思い、卓越した技術を伝える機会となりました。心から御礼申し上げます。

ご来場いただいた皆様、会場をお貸しいただいた会州一蔵瑞祥館、CO-OPBESTAあいおい様、出展各位様、スタッフに感謝申し上げます。

「生活と工芸展」プロジェクトチーム