アニメ

不死川実弥(しなずがわさねみ)のプロフィール!顔が怖いと噂の風柱は実は弟想いの優しいお兄ちゃんだった!悲しい過去を持つ強き剣士【鬼滅の刃ネタバレ】

不死川実弥(しなずがわさねみ)

プロフィール

名前

不死川実弥(しなずがわさねみ)

性別

誕生日

11月29日

年齢

21歳

身長・体重

179センチ・75キロ

出身地

東京府 京橋區

趣味

カブト虫を育てる

好きな物

おはぎ

家族構成

父:名前不明

母:名前不明

弟:玄弥(げんや)

妹弟:他5人

会得呼吸

風の呼吸

武器

刺々しい紋様のある日輪刀

特徴・性格

眼を血走らせ、顔面も体中も傷だらけという凶悪な面相。性格も短気で荒々しく、隊服の前を大きく開けた着こなしをしており、羽織には(「鬼は皆殺し」という意味を込めて)「」の字をあしらっている。
炭治郎曰く「知性も理性もなさそう」。

見た目と粗暴な言動とは裏腹に理性的で常識的な人物。
目上には敬意を払い、規律にも厳格で他の柱との協調性も持ち合わせる。
敬愛するお館様・産屋敷耀哉の前では礼節を弁え、理知的で恭しい言葉遣いで接する。

彼は七人兄弟の長男であり、家族仲は父を除いて良好だった。
父は妻子に暴力をふるうようなろくでなしで、人の恨みを買って刺殺されるが、実弥と玄弥は「自業自得」と一蹴、二人で力を合わせて母や弟妹達を守ろうと誓い合う。

ある夜、母の帰りが遅く、実弥が捜しに行っている間に、玄弥達に正体不明の獣のような影が襲いかかる。弟妹はたちまち血の海に倒れ、戻ってきた実弥はその獣と共に屋外に飛び出して無我夢中で戦うが、その獣の正体は鬼となった母親であった。さらに夜明けの陽が昇ったところで医者を呼びに外へ出た玄弥と遭遇してしまう。
返り血を浴びて呆然と立ち尽くす兄と、倒れ伏す母親の様子を見て動揺した玄弥は、実弥を「人殺し」と罵倒する。玄弥に抱きかかえられた母親の身体は陽光を受けて崩れていった。

引用:pixiv

https://dic.pixiv.net/a/不死川実弥

参考:鬼滅の刃公式ファンブック

鬼滅の刃公式ファンブックは【ebookjapan】から読めますよ!
もちろん、鬼滅の刃の電子コミックも全巻揃ってます★
電子書籍の本屋さん